地球環境データ統合・解析プラットフォーム事業(DIAS)
国立情報学研究所(NII)チーム

トップページ

データリポジトリとLLM勉強会

趣旨

データリポジトリを対象に、大規模言語モデルLLM(生成AI)をどのように活用するかを考える勉強会です。 LLM勉強会を参考に、気軽に情報交換できる場とし、実験的な試みやコードについても共有できるようにしたいと考えています。

データリポジトリにおける利活用をユースケースとし、以下のトピックなどについて議論する予定です。

1. タスクの効率化

  1. メタデータ作成の効率化
  2. データセット論文からのメタデータ自動生成
  3. メタデータの翻訳
  4. 関連論文の要約
  5. データセット利用方法の整理

2. 検索の高度化

  1. 自然言語文の直接入力による意味的な検索
  2. 自然言語文をクエリ言語(例:SPARQL)に変換
  3. 検索結果の整理や要約、複数DBを統合した検索結果表示
  4. ユーザのレベルに応じた検索結果生成

3. 利活用の円滑化

  1. LLM拡張用のメタデータの付与
  2. データセットのスキーマを反映したコード生成
  3. データセット分析・可視化のためのコード生成

勉強会

第1回勉強会(2024年1月26日)

  1. 趣旨説明(NII 北本) [資料]
  2. 自己紹介/今後のテーマに関する議論

オンライン参加者20名

参加申込

参加申込フォームに情報をお送りください。メーリングリストに登録いたします。

関連資料

  1. データリポジトリにおける大規模言語モデルの利活用を考える [ 資料 ]